荷解き・家具レイアウト

入居前チェック・家具レイアウト・荷解き

新居に荷物を入れる前に・・・

引っ越し当日、引越しのトラックから荷物を積み下ろす前に、一旦部屋の確認を行ってください。

フローリングが傷付いてないか、壁紙は汚れていないかなどチェックをしましょう。もし気になる点があったら不具合の箇所をスマホカメラで撮影してください。

何故写真を撮るかというと、ここで写真を撮っておくことで、退去の時に自分の故意や過失によって生じたキズ・汚れでなく「入居前からあった傷」である事が証明でき、「キズがあった・なかった」の敷金返済の金銭トラブルを避けることができます。

入居後のチェックポイント

  • 床に大きなキズや汚れがないか
  • 壁やクロスに汚れや剥がれがないか
  • 天井に染みなどの汚れがないか
  • 電気周り。スイッチ・コンセント・備え付けの照明・換気扇は壊れてないか
  • 水周り。キッチン・洗面所・風呂・トイレの水・お湯は出るか
  • 風呂・洗面所の壁や床にカビはないか
  • ふすま(裏表)・網戸の汚れ・やぶれはないか
  • ベランダ等に撤去し忘れているものはないか

入居して生活が始まってから初めて気づく不具合もあります。例えば配水管のつまりや悪臭などの不具合は発見次第、管理会社や不動産屋さんに連絡しましょう。

大きな家具から配置

入居前チェックの段階で大型の家具や家電をどこに置くかを決めましょう。

それを決めてから荷物を積み下ろすのですが、家具や家電を置く場所にダンボールを積んでも、家具が置けなくなるので、ベッドなどの大型家具や冷蔵庫・洗濯機などから設置し、ダンボールはフリーなスペースに積んでおきましょう。

また、家具のレイアウトは、生活動線をイメージして配置するのがおすすめです。例えば、洗濯機からベランダの物干しまで、途中にテーブルやベッドがあったら洗濯物を運ぶのに不便ですよね。ワンルームの場合はあまり選択肢のないレイアウトになってしまいますが、家具を買い足す時など生活動線から購入する家具のサイズ感を意識するといいと思います。

荷解きの順番

一人暮らしの荷解きではダンボールの量もそんなに多くはないとは思いますが、収納できるものからダンボールを空けて片付けていきましょう。

収納家具が届いていない場合はとりあえず、押入れにダンボールごと収納し、家具が届き次第、収納していけばいいと思います。

荷解きが終わったダンボールはまとめたうえで、紐で縛って指定の日にゴミ出ししましょう。


一人暮らしする物件の選び方

引越し前にやる事

入居後にやる事

▶ 一人暮らしナビトップに戻る

新しい記事はありません

▼電話番号の登録不要!メールで各社の見積もりが取れるのはSUUMOだけ!

引越は不用品を処分するチャンス

新居は北欧インテリアでオシャレに

カーテンの買い忘れにご注意を!

一人暮らしに人気の小型ベッド

引越し祝いに喜ばれるレイコップ

新生活を彩るオシャレな照明なら

家具は引越先に納品するようにしよう

短期の引越はレンタルがおすすめ

一時的な引越はトランクルームを活用