どうしても捨てられない冷凍食品が出たら

どうしても捨てられない冷凍食品が出たら

引越し前に冷蔵庫の整理はしたけど・・・!

引越し前には冷蔵庫内の食品を整理する必要があります。

できるだけ食べきり、
不要な食品は処分するなどして
冷蔵庫を空っぽにしたうえで
冷凍庫の霜取りを行い、
電源を切り水抜きをするのですが・・・

急な引越しにありがちなのは
冷凍にしてある食品が食べきれない!
ということです。

最近では「ふるさと納税」で
返礼品として送られたお肉などを
大量に冷凍していることもあって
すぐには食べきれないし、
捨てるのはもったいない!
という事もあるようです。

どうしても処分できない冷凍食品は
このようにして運びましょう。

はじめての「ふるさと納税」ならこちら
「さとふる」でふるさと納税!

近距離・遠距離の冷凍食品の運び方

■引越先が近距離の場合

引越先が近い場合は、
引越当日の荷物の搬出作業と搬入作業が
同日に行われることがほとんどです。

そのため、
冷凍の荷物はクーラーボックスに入れ保冷し、
家具やダンボールと一緒に引越屋さんに
運んでもらうのが一番楽な方法です。

ただ、搬入作業が終わり次第、
すぐに冷凍庫に入れ替えましょう。

クーラーボックスがない場合は・・・

■引越先が遠距離の場合

引越し先が遠方で
荷物が届くのに数日を要する場合、
クーラーボックスでは保冷材が溶けてしまい
食品も傷んでしまいます。

なので、遠距離の引越しの場合は
引越し前にクール宅急便を利用することを
おすすめします。

お届け日を引越先の入居日に指定することで
荷物を受け取るまでは、
宅配業者が冷蔵・冷凍保管してくれるので
大変便利です。

ただし、クール宅急便を出す時はコンビニ等では
受付ができないため、
ダンボールに梱包した上で、
営業所に持ち込むか、事前に集荷を依頼し、
ドライバーさんに取りに来てもらう事が必要です。

 

≪一覧に戻る

新しい記事はありません

▼電話番号の登録不要!メールで各社の見積もりが取れるのはSUUMOだけ!

引越し準備チェックリスト

引越は不用品を処分するチャンス

新居は北欧インテリアでオシャレに

カーテンの買い忘れにご注意を!

一人暮らしに人気の小型ベッド

引越し祝いに喜ばれるレイコップ

新生活を彩るオシャレな照明なら

家具は引越先に納品するようにしよう

短期の引越はレンタルがおすすめ

新居のフローリングに業務用ワックス

新生活の家具はまとめて注文

一時的な引越はトランクルームを活用