転居の手続きを忘れてしまった場合の対処法

転出の手続きを忘れてしまった場合の対処法

住民票を移すには転出の手続きが必要

引越元とは異なる市区町村に引越しをする場合、
やっておく手続きの一つに転出届けの手続きがあります。

引越元の役所で転出手続きを行い、「転出証明書」を発行してもらいます。
これを引越し先の地域の役所に提出することで住民票が移ります。

この手続きをしないで引越をしてしまった場合、
どうすればいいのでしょうか?

わざわざ引越元の役所に行って手続きを済ませるのも
時間も交通費もかかり面倒。。。

なので、郵送で転出手続きをしてしまいましょう。

郵送でできる転出の手続き方法

まず、引越し元の役所のホームページを検索しましょう。

検索の枠に「○○市役所 転出」もしくは「○○市役所 転出 郵送」と入れれば出てくるかと思います。

役所のホームページの中に郵送でのやり方・添付書類が記載されており、
転出届の申請書もダウンロードできるのでプリントアウトしてください。

プリンターをお持ちでない場合は、
コンビニのコピー機でプリントアウトできるネットプリントのサービスが便利です。

セブンイレブン

ローソン・ファミリーマート

必要な添付書類は

  • プリントアウトし、記入した転出届申請書
  • 本人確認書類(運転免許証など)のコピー
  • 返信用の封筒(宛先を記入し、82円切手を貼付)

これを引越し元の役所に郵送することで、
役所側で手続きがされ同封した封筒に「転出証明書」が入って戻ってくるわけです。

「転出証明書」は住み始めた日から14日以内に引越し先の役所に提出する必要があるので、
届いたら忘れずに提出しましょう。

 

≪一覧に戻る

新しい記事はありません

▼電話番号の登録不要!メールで各社の見積もりが取れるのはSUUMOだけ!

▼新居に【Wi-Fi】を導入しよう!


▼引越し前に要チェック!

引越し準備チェックリスト


▼大学生のひとり暮らしの手順解説

▼引越は不用品を処分するチャンス

▼シンプルな家具がリーズナブル

▼新居は北欧インテリアでオシャレに

▼カーテンの買い忘れにご注意を!

▼一人暮らしに人気の小型ベッド

▼引越し祝いに喜ばれるレイコップ

▼新生活を彩るオシャレな照明なら

▼家具は引越先に納品しよう

▼短期の引越はレンタルがおすすめ

▼建替えなど一時的な引越に便利